2014年7月27日日曜日

Asobou Volunteer

































最後のエイド「萌えの里」で選手達の到着を待つが
雷を伴う豪雨の為、大会は半分の行程を残し中止に
選手を迎えることなくエイドを撤収、
今年も天気に放浪されてしまう

疲労困憊した選手の顔が見たかったのに、残念

6 件のコメント:

  1. こんにちは。阿蘇望の応援とお手伝い、お疲れ様でした!
    写真を見ていると当日のお天気の移り変わりがほんと良く分かります。予測不能、山のお天気ですもんね。
    大雨になるまでは皆さん楽しそうに走られていていい感じです。人吉からの怖そうな?青年は相変わらずのポーズで安心しました。永遠のおこちゃま (笑

    返信削除
    返信
    1. KENさん、ありがとうございます。

      大変な一日でした
      裏方の大変さがよくわかりました。
      選手として走っているほうが体力的にも全然楽です

      また今大会は例年にもまして近隣住人の苦情が多かったようです。
      運営側は様々な工夫をしていますが、
      参加人数が多すぎて開会式も機能しおらず
      参加者に注意事項が周知しきれていないように思いました。
      良い経験でしたが、来年は選手として戻って来たいです。

      人吉の青年はいつも元気爆発です。
      あの体力があれば阿蘇望完走も行けると思うんですけどね(笑)

      削除
  2. こんにちは!
    パソコンの入れ替えとかしておりまして、ブログは自分のばっかりしかやっておりませんでしたが、やっと環境が整いまして、快適にネットサーフィンができるようになりました。

    先日の阿蘇望のボランティア、お疲れ様でした。

    こうして見ると、やっぱりmotteaさんというのは、優れた被写体であるということが、良~くわかりました

    返信削除
    返信
    1. のぶさん、ありがとうございます。

      motteaさん皆に愛されてますね、私も斯くありたいと思うのですが、メンバーの中ではあまり口が上手な方ではないので、聞き役にまわる事が多いです。
      滑らかにに喋れて、人に甘えるのも上手なmotteaさんが羨ましく思うところもあります。

      大会のボランティアを初めて経験させて頂きました。想像以上に大変だったです。運営側の苦労が少しだけ分かったような気がします。以前は選手として走っていた方が、昔遊ばせてもらったお礼にとボランティアされている方が多かったです。様々な角度から物事を見ると新しい気づきがあるものですね。

      削除
  3. アンカー星人2014年8月5日 23:09

    ボランティアお疲れ様でした。 運営される側は本当に大変だろうと思います。 特に、あそこで中止という判断が一番辛かったのではないでしょうか。

    相変わらずプロフェsッショナルな写真に驚かされました。 どれも素晴らしいですが、個人的にはトンネルの写真が異次元的で非常に気に入りました。
    また楽しませてください。

    返信削除
    返信
    1. アンカー星人さん、ありがとうございます。

      中止は仕方なかったと思います。あれだけ雷が鳴っては地蔵峠山頂付近は危険でしょうから、良い決断であったと思っています。安全に終えることが何より大切ですものね。

      写真お褒め頂きありがとうございます。そんな風にいって頂けると嬉しいものですね、自分的には、もっとこうすれば、ああすれば、と後から色々考えるのですが、現場で即座に判断するのが難しいです。しかし、最近のカメラは現像時に画面を見ながら露出具合を調整できるので凄いですよね

      削除